【アメリカより】野中雅貴の試合観戦

アメリカからです!私自身も4年ぶりの渡米となります。今回からその時のことを何回かに分けてお伝えしたいと思います。 [url=http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/30.jpg][img align=right]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_thumbs/30.jpg[/img][/url]まずカリフォルニア・リーグに所属する野中雅貴の試合を観に行きました。かつて私も所属したリーグで、今日のModesto(モデスト)という町でも、何度となく試合をしました。私が唯一選手にバンピング(※胸を突き出して押し当てること)をされたところでもあります。 かつて私がしていたところで、今、野中が審判をしているのを、今度は観る立場になりました。なんとなく変な感じです。プレーの早さも、やけに早く見えたのは不思議です。かつてはその早さの中で審判をしていたわけですからね。 野中はPUでしたが、パートナーは怪我のため試合が出来ず、地元のアマチュア審判が塁審として入っていました。マイナーリーグの場合、こういった時にはリーグに登録をしているアマチュア審判がいて、事故・怪我等で試合が出来なくなった場合は、そういった審判が代わりを務めることがあります。 試合の様子は写真とDVDに収めましたので、何かの機会に皆さんに観てもらうことが出来るかと思います。 [url=http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/31.jpg][img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_thumbs/31.jpg[/img][/url]その晩は野中のホテルの部屋に泊めてもらいました。野中と話していたのですが、私がプロ2年目のサウス・アトランティック・リーグにいた時、当時プロを目指して留学していた野中が私の試合を観に来ました。その時は私のホテルの部屋に野中が泊まりました。6年ほどたった今、その反対のことが起こりました。6年ほど前、そんなことは2人とも考えもしませんでした。ほんとに不思議な感覚です。 久しぶりにマイナーの試合を観戦して、雰囲気を味わうことが出来ました。日本ではどこにも存在しない雰囲気です。うまく言えないのですが、違うんですよね。私にはやっぱりこちらの方が心地いいです。 カリフォルニア州モデストより ☆内川