【渡米日記 vol.2】4/30 Hello,Barry&Takeshi!

4月30日。いよいよ旧友であるBarry Larson、平林のクルーを訪問です。バリーとは2002年に1Aで一緒にキャンプから1シーズン仕事をした仲間。彼には是非メジャーに行って欲しいと願っています。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/imgad7faf0a27c7097fe33b3.jpg[/img]シカゴ空港から3A/パシフィックコースト・リーグのNashville Soundsの本拠地、テネシー州ナッシュビルに空路で向かいます。バリーと平林が空港で出迎えてくれた際に手にしていたボードがコレ。相変わらずの“アホ”ぶりです・・・「啓之」が「啓行」になっています。  30日夕方、早速試合へ。一緒に審判室までついて行きました。バリーはミズノの最新モデルマスク、平林はチタニウムの超軽量マスクを使用する日米交流。バリーのマスクはあごのバーを削りスロートガードを自分で加工する懲りよう。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/img486257f422df1e9a34e4d.jpg[/img]ナッシュビルはカントリー・ミュージックの聖地。スコアボードもこの通り。右のカウント表示も、もちろんBSOの順番です。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/img8da9388be0567e37129c3.jpg[/img]選手も3Aのため、ファンサービスを徹底。試合開始5分前までこんな光景です。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/img1be1145fa25755e914aeb.jpg[/img]プレート・ミーティング。このクルーはシーズン入って殆ど抗議がないそうです。笑いながら監督と話しており、緊張感<リラックスムード。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/img2994111f27fed2a7fc93d.jpg[/img]3Aの3人制。本当に動きは完璧です。自分が見た限りですが。全ての状況で誰がどこに動くかが徹底されており、一瞬の迷いも見られませんでした。“3人制”と呼べるにふさわしい3人の連携。美しいの一言! [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/imge7a7c12628e620395ef08.jpg[/img]試合中盤、無死走者1・2塁で左中間レフト寄りに本塁打性の辺りが行きました。フィールド内にいる3塁審判が打球判定をフィールド内から行います。が、3塁/ブライアンが一瞬打球を見失いコールできません。それを見たバリーが1秒後位にすかざず「Homerun!」と言いながら右手をクルクル回すしぐさを大きくしていました。クルーチーフであるバリーのフォロータイミングが早く、抗議も全く起こりませんでした。 ※写真はバリーのストライク・コール。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/img2be605843f4df2fc0233d.jpg[/img]平林も楽しそうに、そして元気に仕事をしています。足の状態も良好らしく、「タクの足には負けるよ」とクルー2名も舌を巻いています。センターフライを1塁付近から追い、キャッチする時には、ほぼセンターの定位置まで追っています。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/img2795b9c710d3043caf2da.jpg[/img]約3時間のゲームを終え、着替えてナッシュビルの市街地に出くわします。ブライアンの奥さん・ステファニーも加わり5人での楽しい夜の始まりです。