アメリカ旅行を振り返る #2 <イリノイ州シカゴ、ピオリア>

睡眠時間3時間でも、時差ボケのせいか、結構頭すっきり。それ以上にアメリカにいることに、結構気持ちが高ぶっているいたんでしょうね。 シカゴに行ってきました。空港での乗換えでしか来たことがなかったので、実際に町を周るのは初めて。 「試合はないけど、リグレーフィールドだけは観にいこう!」と思って行ってみると、フィールドの周りがにぎやか。雨で流れた試合が組み込まれていたのでした。しかもカブス対ホワイトソックスのシカゴ対決。平日の、しかもデーゲームなんですが、アメリカはお客さんが入るんですよね〜。これはホンマに不思議。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/64.jpg[/img] このリグレーフィールド・・・ほんとにすばらしかった!メジャーでも最古のボールパークの一つですが、緑がとてもきれいであざやかで、それを見ているだけでも感動します。天気も最高でした! [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/65.jpg[/img] 日本では感じたことがない雰囲気で、ここには「古き良きアメリカのボールパーク」があります。メジャー観戦予定者には、このフィールドをぜひぜひぜ〜ひお薦めしたい。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/66.jpg[/img] 有名な外野のツタ。実はこの日の最初のプレーは、右中間への打球がこのツタの中へ入って、なくなってしまいました。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/67.jpg[/img] UDC藤原と同じような場所で撮影(笑)。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/68.jpg[/img] 内部は決して最近のボールパークのようなものではありませんが、とても歴史を感じさせる雰囲気のあるものでした。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/69.jpg[/img] これはリグレーフィールドの観客席ではないのです。左側に見える壁がリグレーフィールドの外野の端の壁。それから道路を置いて隣に立っているビルの屋上に設置された観客席なんです。もちろんこれは、フィールド側が用意したものではなく、このビルの管理者が設置したもの。歴史を振り返ると「せっかくフィールドの隣に住んでるんだから、住んでるビルの屋上からビール片手にタダで観たい!」という人がいて、「どうせならそれで商売してまえ!」ということで始まったもの。もちろんこれは裁判になって、今はちゃんと合法的にカブスの試合を観戦出来る場所なのです。商魂たくましい!(笑) で、この試合を観戦の後、UDC濱野の試合を観戦しに、車を走らせること4時間。ピオリアという町にやってきました。しかし、シカゴ周辺の交通渋滞は、ひどかった・・・。東京となんら変わらないものでした。 濱野の試合には予定より随分遅れて到着。7回からの3イニングを観ました。よかったよかった。女性元審判員のリアとも会えて、いっしょに試合を観てました。リアの住んでいるところはピオリアから1時間ほど離れたところにあります。 ほんとは試合後、濱野やリアと飲んで食べてしたかったのですが、今日も私は翌日早朝の飛行機に乗らなければならなかったので、2時間仮眠で、3時間運転してシカゴへ舞い戻り。そして次の町ミシガン州デトロイトへ向かったのでした〜。