サムライ審判セミナー最終回の内容

平林岳サムライ審判セミナーの最終回「審判インストラクターに必要なコーチング」についての講義を昨夜終了しました。

各審判員の長所を伸ばす・引き出すには、インストラクターは講習会において、具体的にどのような対応・振る舞いが必要なのか?を過去起こりえた失敗事例と、今後向かっていくべき講習会のあり方について提案。そういった意味では、昭和生まれ昭和育ちの審判指導員が多いかと思いますので、指導員の方の”内なる戦い(つい怒鳴ったり怒ったりしないメンタルを作る)”がより重要であると、気づかされた受講生も少なくなかったと思います。

平林さんは、1月だけで米国、イタリアと審判のお仕事で回られるそうです。