ポイントを考えよう!

暑さ厳しいですね。 皆さん大丈夫でしょうか? 高校野球も今日から甲子園が始まりますね。 UDCの事務所はテレビがないので、 残念ながら試合は観れません。 あると、おそらく一日つけっぱなしかと思います(笑)。 地方大会において、 数々のプレーがあったようで、 皆さんからUDCにもたくさんの質問を頂きました。 先般も、 「走者1,2塁で投球がワンバウンドして捕手が後逸。 捕手が後へ追う際に、球審と接触し、 その際に球審のボールバッグからボールが落ち、 捕手は後ろにそれた本来のボールではなく、 そのボールバッグから偶然落ちてしまったボールを捕って、 2塁から一挙ホームにやってきた走者にタッグ。 このプレーで審判団は、走者を1個ずつ進めて、 走者2塁、3塁からプレーを再開した。 というプレーがあったのですが、 これは正しいですか?」 というご質問をたくさんの方から頂きました。 私もネットでの新聞記事や、 Youtubeでその映像を確認しました。 非常に珍しいプレーでしたので、 皆さんもご存じかと思います。 UDC濱野も質問箱でご返答はさせて頂きました。 ・・・でも、私は今回のプレーでどうしても一言言いたい! 私だけではなく、 質問にいつも解答している濱野も同じ思いです。 今回のケースにおいて、 走者を1個ずつ進めたのは、 間違いではないと思います。 でも、このプレーにおいて、 何個走者を進めるか、 また他の選択肢があったのかどうかということに、 皆さんが疑問を感じていることは、 私にとってはうれしくないことです。 要は、それを考える前に、 もっと大事なことを考えましょう!ということです。 ではその大事なことは何かというと、 [u]「どうして審判のボールバッグから、ボールが落ちてしまったのか」[/u] ということです。 新聞記事を見ても、Youtubeを見ても、 球審と捕手が接触しているように見えます。 当たっていなくても、 その動きによってボールがこぼれ落ちたとも言えるでしょう。 UDCのクリニックでも、 毎回のように、 「捕手が後ろへ行く時に接触しないように、 どこを見て、どう動けばよいか」 ということをお伝えしています。 その動きさえ出来ていれば、 今回のような結果は避けられたと考えます。 ですから、走者が何個進むべきか、 それとも他の選択肢があったのかどうかということは、 考えなくて済む話なのです。 もしかすると、 ボールバッグにボールを入れすぎていた可能性もあるかと思います。 これも自分でコントロール出来ますよね。 UDCにはいろいろな質問が来ます。 でも、私はよく思うのですが、 「基本的なことが出来ていれば、 避けられた問題は山ほどあるのに・・・。」 それなのに、それをまず理解せずに、 起きてしまった結果が正しいかどうかにだけ、 論点のポイントが行ってしまうことは、 とても残念なことです。 皆さんは、以下の質問にどう答えますか? 「赤信号と知らずに横断歩道を渡りました。 そこに車がすごいスピードでやって来ました。どのように避ければいいか教えてください」 どうでしょう? 避ける方法は右に動く、左に動く。 またジャンプする・・・などなど、 いろいろあるかと思います(たぶん事故につながりますが・・・)。 でもその前にしなければならないことはないでしょうか? そうです。 「横断歩道を渡る前に、信号を確認すること」 という基本的なことですよね。 私が皆さんにわかってもらいたいことは、 そこなのです。 UDCがお伝えしたいのは、 このケースにおいて、 車をよけるために、どのように左右に動く、ジャンプするといったことではなく、 「信号を確認する」ということなのです。 どのように動いても、 このケースは事故につながるでしょう。 でもたくさんの審判の方たちは、 その「基本的なこと」を知らなかったり、 大事にしていなかったりするわけです。 まずそれをわかっていないと、 「同じ間違いを繰り返すだけ」なのです。 信号を確認しなければ、 同じ間違いを何度も行い、 結局は大きな事故につながってしまうでしょう。 試合では、いろいろなことが起こるのは避けられません。 でも、それはホントに避けることが出来なかったのか・・・ということを少し考えてみる必要があるかと思います。 こういうと質問が減ってしまいそうですが・・・(笑)。 会員の方限定ですが、 また何かあれば質問箱までお寄せください。 おっと、最後に一つ。 今回のケースで、 ボールバッグからボールが落ちないように、 ボールバッグにジッパーやマジックテープを付けるべきだ! とか、 球審が走る時は、常にボールバッグの入り口の当たりを押さえて走れ! ということにならないように祈っています(笑)。 :-D内川