岩手へたびたび

9月末と先週3連休はの2回にわたって、 岩手県に行ってきました。 岩手Kボール連盟の大会における査定です。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/508.jpg[/img] ここ数年で、 年に数回は伺っているので、 岩手各地へ行きました。 盛岡、滝沢村、八幡平、花巻、一戸、軽米町・・・。 旅行大好きの私にとっては、 岩手へ行くことは何も問題ありません!(仕事です!笑) こちらは滝沢村の球場。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/512.jpg[/img] この9月末と3連休の2回は、軽米町に行きました。 岩手県ですが、 30分ほど車で走れば青森県という、 岩手でも北端に位置します。 こちらは軽米町ハートフル球場。 いい天気でした。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/507.jpg[/img] 岩手のKボールは、 中学校の先生方を中心に、 地元の審判協会の方といっしょに審判をされています。 今回初めてご挨拶させて頂いた方々、 お時間を頂きありがとうございました! [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/509.jpg[/img] 先生方は監督、コーチもされますが、 次の試合は審判のユニフォームに着替えてということも珍しくありません。 技術は、徐々にうまくなってきていると思います。 やはり、うまくなりたいという「意識」をされていることが、 いい効果となって表れてきています。 最近は、どの方が上手になっているか、 見るのが楽しみです。 私も思ったことはどんどんとお伝えしています。 決してトラブルがないわけではありませんが、 皆さん熱心なので、 伝える側としても力が入るものです。 結局審判のレベルを上げることは、 試合をする選手たちにとってもメリットがあるのです。 この岩手ですが、 実はこの方ともよくお会いします。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/510.jpg[/img] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/511.jpg[/img] 昨年UDCの指導者セミナーにもお越し頂いた 清水隆一さんです。 実は軽米町の野球のレベルをもっと上げて行きましょうということで、 子供たちに対しての指導を、 年間を通じてされています。 写真のように、 9月の末もKボールの試合後に、 子供たちへの野球教室を開催されていました。 岩手の野球シーズンは、 もう今月末で終わりだそうです。 東京はほぼ一年中試合が出来ますが、 日本はやはり広いですね。 今年は岩手の沿岸部も大きな震災を受けました。 ニュースで何度も聞いた気仙沼や陸前高田の方らともお話ししました。 グランドに仮設住居が建って練習場所がなかったり、 例えグランドがあっても、 津波が運んできたたくさんの小さなゴミや小さなガレキがグランドに残っており、 スライディングをするとケガをするので禁止としているようなこともおっしゃっていました。 その中でも練習をし、 試合に出てきたチームもありました。 大変な環境であったと思います。 来シーズン、そしてこれからは少しでも良い環境で練習が出来ることを望んでやみません。 また来シーズン、お伺いしたく思います。 内川