授業は順調です!

専門学校での授業も、 22日(金)に2回目を終えました。 時事ネタを取り上げたり、 ベースボールの歴史を話したり、 もちろんルール、審判技術もお伝えしています。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/406.jpg[/img] ※しらじらしく、休憩時間に撮ってもらいました(笑) この間は「ストライク!」「ヒズ アウト!」などど、 教室内で大きな声を出して皆でしましたので、 「隣のクラスは何やってんねん???」と不思議に思われているかと思います(笑)。 生徒にも話したのですが、 14人の生徒に来てもらってはいるものの、 私はこの14人を「全員審判にさせる」とは、 少しも思っていません。 ではなぜこの授業をお受けしたか・・・。 14名は、おそらくこれから、 監督・コーチになっていく人材です。 実際に小学生に対して、 すでに指導経験がある生徒もいます。 これからそういった子供たちへの指導において、 正しいルールやマナーを知っておいたうえで、 指導をしてもらいたいからです。 ルールやマナーを知らない指導者に教わることは、 結局子供たちのメリットにはなりません。 「ルールを知っていたら勝てた」 「監督に教えてもらったことは、実はマナーに違反している」 最近こういったことをよく聞きます。 なので、今のうちに、 ルール&マナーを知っておいて欲しいのです。 野球の技術力 と ルール&マナーの理解度 は間違いなく「比例しません」。 ですので、これから指導者を目指す若い人たちには、 是非とも知っておいてもらいたい、 という思いで授業をさせてもらっています。 :-D内川