清瀬に行ってきました!

少し時間が経ちましたが、20日(日)は清瀬育成会の審判講習会に行ってきました! 今回も平林、内川、藤原、井上の4名で伺いました。 まずは体育館にて、小学生と中学生を対象とした「ルール&マナー教室」から。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/362.jpg[/img] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/360.jpg[/img] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/361.jpg[/img] 子供も大人もいっぱいでした! 約120名の選手、ご父兄の方に参加して頂きました。 2つのグループに分けて、打者周辺のことと、塁周辺のことで、いろいろ伝えました。 [url=http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/357.jpg][img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_thumbs/357.jpg[/img][/url][url=http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/358.jpg][img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_thumbs/358.jpg[/img][/url] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/366.jpg[/img] 平林と井上の話を、真剣に聞いてくれています。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/364.jpg[/img] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/365.jpg[/img] こちらは藤原が説明中。 最近は、指導者の方からよく聞きます。 「あの指導者は、勝つために汚いことをよくするんですよ。例えば○○○といった行為。」 残念ですよね。 結局一番被害をこうむるのは、 それを正しいと思ってせざるを得ない子供たちです。 指導者の方からも、いろいろな質問を聞くことが出来ました。 「え!実はそんなルールだったの?知らなかった・・・」 という顔をされている指導者の方がたくさん見受けられました。 中には間違った理解をされている方もいましたが、 私たちにとっては「どのルールが知られていないか」を把握するいい機会でした。 でもこれは清瀬だけに限ったことではないのです。 「どこでそんなルールを憶えてきたの?」という 摩訶不思議なルールが、 野球界には数多く存在しているのです。 「正しくルールを憶えてもらいたい」 ということも、この教室の目的です。 午後からは、外に出て実戦練習。 [url=http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/367.jpg][img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_thumbs/367.jpg[/img][/url] ※クリックにて拡大 基本は同じ。 デモンストレーションをしっかり見てもらいました。 [url=http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/368.jpg][img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_thumbs/368.jpg[/img][/url] 次は参加者の方にしてもらいました。 見ることは重要ですが、 見ているだけではうまくなりません。 頭から体へ、意識を移さなければなりません。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/369.jpg[/img] 平林、内川、藤原、井上の4人でデモンストレーション。 ノック形式で、いろいろな状況を作りだしてもらいました。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/370.jpg[/img] お疲れ様でした。 小中学生の野球は、 予想もしないことが多々あります。 私はこの日も皆さんにこう言いました。 「皆さんは世界で一番審判をすることが難しいレベルの試合を裁きます。 試合中、何が起こるかわからないから。 だからトレーニングが必要なんです。」 皆さんの審判は、 結局は子供たちにつながって行きます。 引き続きトレーニングを行い、 試合が円滑に進むようにして頂きたいと思います。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/371.jpg[/img] 清瀬の皆さま、ありがとうございました! :-D内川