猛暑の中

先日、ポニーリーグの35周年記念パーティに招待されて、行ってきました。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/247.jpg[/img] とても立派なパーティで、元メジャーリーガーの桑田選手が講演をされました。「審判をリスペクトしよう!」というお話しもあり、私が心の中で大拍手を送っていたことは、まぎれもない事実です(笑)。 また来日されていた米国ポニーリーグ本部のキー会長ともお話しすることが出来たのは、光栄なことでした。 翌日には、ポニーリーグの全日本選手権大会を、UDCで査定させて頂きました。もうこの大会の査定は、かれこれ5,6年程続いており、UDCにとっては恒例です。 審判の方たちは、猛暑の中、ほんとによく動いておられました(後半はバテバテでしたが・・・笑)。札幌から来られた審判もいらっしゃったのですが、「札幌はこんなに蒸していません」とおっしゃってはいたものの、最後まで球審をやりきられました。 今年はUDC井上も査定に加わり、試合後には試合の様子を収めた映像をを振り返りながら、丁寧に指導させて頂きましたが、この大会に出てくる審判の方は、年々上手になっているように感じます。これは私と井上の共通の意見です。 いきなりこの大会から上手くなることはあり得ないので、普段の皆さんの「意識」と、それに対する「取り組み」がうまく回っているのだと思います。 今後とも、UDCはポニーリーグの審判のお手伝いをさせて頂きます。 :-D内川