2人制クリニック終了!

17日(土)は、UDC主催の2人制クリニックでした。 荒川の河川敷で、 確かに寒かったのですが、 空はきれいな青空で気持ちよく出来ました。 誰かの日頃の行いがいいのでしょうか・・・(笑)。 「44名」もの方に受講頂きました。 今回は初めて受講される方も結構いらっしゃいました。 [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/577.jpg[/img] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/578.jpg[/img] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/580.jpg[/img] ↑ 平林が手取り足とり [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/583.jpg[/img] ↑ 皆さんに大好評(?)のコーンドリル [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/584.jpg[/img] [img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/weblogD3_photos/585.jpg[/img] ↑ 塁審のダブルプレーのステップワークの練習 「2人制」はすべてのシステムの基本になります。 世間には2人制をうたった教材がありますが、 実際にそれを手取り足とり教えることが出来るのは、 日本には私たちUDCしかありません。 もうご存じの方も多いように、 アメリカの審判学校では2人制しかトレーニングしません。 プロになった後も、 ルーキーリーグ、1Aでは2人制なのです。 それを習得してから3人制、4人制へと進めば、 とても分かりやすくアプローチしていけます。 メリットはたくさんあります。 ・全てのシステムの基本(⇒2人制を知っていれば、3人制、4人制に入りやすい) ・審判の数が足りない(⇒2人制だと半分の人数) ・4人分の審判料を払えない(⇒2人制ならお得) よく「2人じゃ少なすぎて、問題だよ」という声を聞きます。 では逆に質問してみますが、 普段その倍の4人でされている方々、 試合中に問題は起きないでしょうか??? そうではありませんよね。 普段4人でしていても問題だらけ・・・というところがほとんどだと思います。 原因は簡単なことです。 4人いても、それぞれの「責任分担」を理解していなければ、 問題は4人でも、6人でも、8人でも起こります。 人数の問題ではなく、 いかにそれぞれが責任分担を理解しているかなのです。 「制」=「システム」 になっていますか? それとも「4人いるだけ」でしょうか? 新たに2人制に取り組みたいという方、 また団体があれば、 UDCは喜んでお手伝いさせて頂きます。 また急には取り組めなくても、 練習試合等で試すチャンスがあるのであれば、 是非とも取り組んで頂きたく思います。 最後になりましたが、 このたび「東練馬リトルシニア」の監督、コーチ、選手、 そしてご父兄の皆さまには、 グランド提供のみならず、 多大なご協力を頂きました。 心よりお礼申し上げます。 受講者、東練馬リトルシニアの皆さま、 ありがとうございました! :-D内川