2人制見学会@名古屋 開催しました

昨日名古屋市で緊急開催した2人制見学会。緊急ながら秋田、京都そして地元名古屋から10名以上の方にお越し頂きました。

昨日のプレー ダイジェスト
・複数の走者を抱える時は、ワーキングエリア(マウンド後ろ4M×8m位の仮想長方形内)の中で判定し、次のプレーに備える。一方で単独走者が残る際は、基本的に塁に詰めて判定します。
・走者無で内野ゴロ。塁審がセカンドゴロをファウル地域に出て判定するケースは、球審が2塁のプレーに備える為、2塁へ向かう。
・フォースプレーで足が塁についていたか?微妙な時は、①左手で塁を指し②アウトのメカニックを行う。

試合会場とゲームを提供頂いた東筑ライオンズの皆様、本当にありがとうございました。