2008野球規則改正 ★今年のポイント★ 

 2008年の野球規則改正内容が日本野球規則委員会から発表されました。毎年この時期に前年の米国ルール改正を受けて上記機関でアマ・プロ双方の解釈・運用を確認し発表されます。  今年は「走者が野手のタッグを避ける際の3フィートの解釈」について変更がありました。  コレは大きな変更です!【規則7.08(a)(1)】  昨年と今年の違いは… 昨年まで→“ベースライン(ベース同士を結んだ線)から”3フィート以上走者がタッグを避けたらアウト 今年から→“走者がいる位置から”3フィート以上走者がタッグを避けたらアウト となります。  米国では改正後の解釈を以前から採用してきましたが、今回の改正で規則書に 「“ベースライン”はタッグをされた場所とベースを結んだ直線である」 (藤原訳。規則書に記載される文言と違う可能性があります) と明記され、日本が米国の解釈と一緒になりました。  宣告用語は…  日本→「ラインアウト!」又は「アウト!」のみ  米国→「Out of the baseline, He’s out!」  と若干違いますが、この話を自ら審判学校長を務めるジム・エバンス氏にすると、  「“ラインアウト”?良い言い方だね!短いし意味も同じだ。  米国も“ラインアウト!”と変えればいいのに…」 と日本の宣告用語に一目置いていました。  UDC2月号会報では上記ルール改正について更に詳しく解説します。お楽しみに! ※他の今年度規則改正内容についての質問はご遠慮下さい。 ※各団体・組織により上記解釈と違う場合があります。シーズン前の講習会等でご確認下さい。 ★ UDC 藤原啓之