【番外編】192回解説補足と194回解説その1

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

前回の回答(良い質問です)

正解は
(米国≒国際ルールでは)明らかに走路を外れた一塁走者と打者走者がアウトとなり、三塁走者の得点も認められない
(日本のルールでは走路を外れた走者のみがアウト、打者走者に一塁が与えられ、三塁走者の得点も認められます)
でした。

複数の方から、
「192回の解説は、7.09(f)を引用していますが、本項(f)は「打球」もしくは「打球を処理する野手」を妨害した時の規則であって、ピボットマン(送球を受ける野手、あるいは送球を受け取ってから転送しようとしている野手)への妨害は該当しないと思うのですが…。ピボットマンへの妨害は7.09(e)を適用し、他の走者は妨害発生直前の占有塁が認められると考えますが如何でしょうか?」

というご指摘を頂いたので、まずはこれに答えていきたいと思います。まずは、7.09(e)と【注】を見てみましょう。

(e)アウトになったばかりの打者または走者、あるいは得点したばかりの走者が、味方の走者に対する野手の次の行動を阻止するか、あるいは妨げた場合は、その走者は、味方のプレーヤーが相手の守備を妨害(インターフェア)したものとして、アウトを宣告される。(6.05m参照)
【原注】打者または走者が、アウトになった後走り続けてもその行為だけでは、野手を惑乱したり、じゃましたり、またはさえぎったものとはみなされない。
【注】本項を適用するにあたって、二人または三人の走者がいる場合、妨げられた守備動作が直接一走者に対して行なわれようとしていたか判定しにくいときは、本塁に最も近い走者をアウトにする。
前掲によって一走者に対してアウトを宣告したときは、ボールデッドとなり、他の走者は守備妨害の行なわれた瞬間すでに占有していた塁に帰らせる。
-後略-

日本の規則書【注】を読む限りではこの指摘は正しいです。
では、私の答えは誤りなのでしょうか?
以下のMLB/PBUC MANUALの文章を見て下さい。

——————————————————————————–
<拙訳>
7.09(e), 7.09 ( f ), 7.09 ( g ) ,6.05 ( m ) 故意の妨害

7.09(f)と(g)は塁上の走者あるいは打者走者が故意に、打球あるいは打球を処理しようとしている野手を、可能であったダブルプレイを完成させる機会奪うために妨害した場合に更なるペナルティーを課すために野球規則に加えられた。これらの条項は走者あるいは打者走者が明らかにダブルプレイを潰しにいく試みに対して規定されていることを頭に入れておくべきである。
6.05(m)は、攻撃側チームの走者が次の塁を得るのではなく、走路を離れて明らかにダブルプレイ回避のためにダブルプレイのヒボットマンを潰しにいく故意で不当な非スホーツマン的行為を罰するためにルールに加えられた。
もし審判の判断において、走者が明らかにダブルプレイの機会を奪う目的で故意に送球を処理しようとしている野手、あるいは送球しようとしている野手を故意に妨害した場合、審判員はその走者に妨害でアウトを宣告するとともに、打者走者にもチームメイトの妨害でアウトを宣告する。

ガイドライン
塁に滑り込む時は、走者の手か足が塁に届く範囲になければならない。
審判の判断において、それが塁に達しようとするあるいは塁に留まろうとする正当な努力ではなく、走者が野手に対してスライディング、あるいは野手に向けて転がり込んだときはその走者はアウトを宣告される可能性があるし、またダブルプレイが宣告される可能性もある。
走者が野手と接触するために大きく方向に変えることは妨害と見なされるべきである。
もし走者がスライディングや転がっても、地面に滑り込む前に足を立ったまま残して野手に接触に行かない限り、野手に対する「ローリング・ブロック(野手に対して転がり込むこと)」とはならない。もしダブルプレイを潰す目的で、地面でなく、走者に最初に接触したら、それは「ローリング・ブロック」である。

例)
(1)無死満塁。遊撃手へのゴロ。ダブルプレイを予期した二塁走者は、遊撃手に故意にぶつかり、二塁へ送球しようとしている遊撃手を掴んだ。

(答)ダブルプレイを潰そうとする明らかな故意の妨害である。二塁走者とともに打者走者にもアウトが宣告される。一塁走者と三塁走者はそれぞれの塁に戻される。

(2)無死走者一塁三塁。一塁走者が盗塁を仕掛けたが打者が打ち、遊撃手へのゴロとなった。ダブルプレイを予期した一塁走者は、二塁ベースに入り遊撃手からの送球を待っている二塁手に転がり込んで体を掴んだ。

(答)一塁走者は明らかにダブルプレイを潰す目的で野手を妨害したので、一塁走者と打者走者はアウトを宣告される。三塁走者は戻される。