【第122回】ダブルスチールと妨害(エキスパート)

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんにちは。濱野です。 DVDの発送準備や日本での開幕戦のため来日したMLBアンパイアの皆さんとの楽しい時間を過ごしていたために更新が滞ってしまいました。申し訳ありません。 来週、私はジム・エバンス ヨーロピアンクラシックにインストラクターとして招聘されたのでスイスに行ってきます。 ちなみに、彼らが用意してくれたのは「ドーハ」経由の「カタール航空」のチケットです。「ドーハの悲劇」のドーハです。帰りは乗り換えの待ち時間が7時間!あるので、少し町の様子も覗けたら良いなとも思っています。中東地域に野球場はあるのだろうか… 欧州の野球事情をしっかりと見てきたいと思います。また、ジムとは先月日本であったばかりですが、ディック・ネルソンや、審判学校に生徒として行ったときにお世話になった元マイナーリーグ審判のインストラクター陣とスイスで久しぶりに再会できるのがとても楽しみです。 そこで今回はジムエバンスが来日したときに、講義の中で触れていたことをおさらいしたいしましょう。 ■ クイズ122(エキスパート)■ 一死走者一塁三塁。打者はスクイズバントを試みましたが空振りしてそのまま打席の外へ出てしまいました。三塁走者のみならず、一塁走者も二塁に走っていました。捕手は二塁へ送球するときに打席の外へ出ていた打者と接触してしまいました。妨害されながらも捕手は二塁へ送球しベースカバーに入った二塁手が一塁走者が二塁に触れる前にその足にタッグしました。三塁走者はもちろんその間に本塁を踏みました。 この場合、 1.プレイは成立する。一塁走者がアウト、打者の妨害は無かったものとして扱われ三塁走者の得点も認められ、二死走者なしで再開。 2.打者がアウト。三塁走者、一塁走者ともに元の塁に戻されて試合再開。 3.三塁走者がアウト。一塁走者は元の塁に戻され打者は打撃を続ける。 4.三塁走者も一塁走者もアウト。ダブルプレイで攻守交代。 5.打者は妨害発生時にアウト。三塁走者が二塁でのアウトよりも早く塁に着いていれば得点が認められるタイムプレイとなる。 考えてみてください。 ○● 121回の回答(DH解除)●○ 【Q1】DH中井の打順に下井が入りライトの守備に入る。投手の井荻は元々のライトの高田の打順を引き継ぎ1番に入る。 【Q2】投手の下井は一塁手の落合の打順を引き継ぎ、3番に入る。 【Q3】一塁に入った下井は、試合から退いたレフトの沼袋の打順の6番に入る。 でした。 《解説》 —————————————————————- 公認野球規則 6.10 (b)指名打者ルールは次の通りである。 先発投手または救援投手が打つ番のときに他の人が代わって打っても、その投球を継続できることを条件に、これらの投手に代わって打つ打者を指名することが許される。 投手に代わって打つ指名打者は、試合開始前に選ばれ、球審に手渡す打順表に記載されなければならない。 試合開始前に交換された打順表に記載された指名打者は、相手チームの先発投手に対して、少なくとも一度は、打撃を完了しなければ交代できない。ただし、その先発投手が交代したときは、その必要はない。 チームは必ずしも投手に代わる指名打者を指名しなくてもよいが、試合前に指名しなかったときは、その試合で指名打者を使うことはできない。 指名打者に代えてピンチヒッターを使ってもよい。指名打者に代わった打者は、以後指名打者となる。退いた指名打者は、再び試合に出場できない。 指名打者が守備についてもよいが、自分の番のところで打撃を続けなければならない。従って、投手は退いた守備者の打撃順を受け継ぐことになる。ただし、二人以上の交代が行なわれたときは、監督が、打撃順を指名しなければならない。 指名打者に代わって代走者が出場することができるが、その走者が以後指名打者の役割を受け継ぐ。指名打者がピンチランナーになることはできない。 指名打者は、打順表の中でその番が固定されており、多様な交代によって指名打者の打撃の順番を変えることは許されない。 投手が一度他の守備位置についた場合、それ以後指名打者の役割は消滅する。 ピンチヒッターが試合に出場してそのまま投手となった場合、それ以後指名打者の役割は消滅する。 投手が指名打者に代わって打撃した場合、それ以後指名打者の役割は消滅する。(試合に出場している投手は、指名打者に代わってだけ打撃ができる) 指名打者が守備位置についた場合、それ以後指名打者の役割は消滅する。 指名打者に代わって出場させようとするプレーヤーは、指名打者の番がくるまで届け出る必要はない。 —————————————————————- DHが守備に就いた場合、投手が他の守備位置に就いた場合、投手がDHの打順で打席に入った場合、代打が出てそのまま投手となった場合に指名打者の役割は消滅します。 投手がどの打順に入るかというのは、あまり難しく考えすぎる必要はなく、基本的に試合から引いた選手の打順に入ります。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会