【第127回】ブラインド・プレイって呼ばれるらしいですね。

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんにちは。濱野です。 リマインダー告知です。 今週の木曜日の31日午後7時から9時迄の、内川代表のイブニングセミナーの時間を半分もらって、私の渡欧報告会をやります。場所は三田/田町駅近くの港勤労福祉会館です。予約不要ですので当日お仕事が思ったより早く終わった方もお待ちしております。 暑くなってきましたね。昨日は妻が友人と久々に会うとのことで、お出かけでした。審判には行かず電器屋で高級機種のバリカンが安くなっていたので購入、早速息子の散髪をしました。初めてなのに中々格好良くでき、夕方帰ってきたママにも好評でした。良い道具を買えば失敗もしにくいということで、UDCは良い審判道具を揃えております。会員の皆様も用具はUDCで買っていただくと有難いです。 ■ クイズ127(ミドル)■ 今回も「質問箱」から。 皆様の質問のおかげでこのコーナーは成り立っております。 1死1・2塁、打者は遊撃手の正面への凡ゴロを転がしました。二塁走者は打球と遊撃手の間に立ち止まりました。この走者は当たる寸前で打球をかわしました。打球が見えなかった遊撃手はエラーをしてしまい、打者走者を含む全ての走者が無事に次塁に到達しました。 1.即座にタイム。守備妨害で二塁走者アウト。打者走者も二塁走者の妨害行為でアウト。 2.即座にタイム。守備妨害で二塁走者をアウトにする。 3.接触が無かったので、インターフェアは成立しない。インプレイのままで良い。 4.インターフェアを宣告しておくが、インプレイで流す。妨害されながらも遊撃手がプレイをして何処かの塁でアウトを取れれば妨害は無かったことにする。誰もアウト出来なかった場合にタイムをかけて二塁走者をアウトにし、2死1・2塁で再開 考えてみてください。 ○● 前回の回答(野手の帽子が打球に当たる)●○ 正解は 2.野手が最初に打球に触れたのはファウル地域であるから、ファウルである。 でした。 《解説》 「野手が身に付けていたものがフェアの打球に触れたからスリーベースだけど、タイムがかかるんだっけ?」と野球ルールにほんの少しだけ詳しい方は選択肢の3か4かで迷われたことと思います。 ところが正解は2です。 —————————————————————- 公認野球規則 7.05(b)三個の塁が与えられる場合 ― 野手が、帽子、マスクその他着衣の一部を、本来つけている個所から離して、フェアボールに故意に触れさせた場合。 2.25 FAIR BALL【注】打球が地面以外のもの、たとえば打者が捨てたバット、捕手がはずしたマスクなどに、フェア地域で触れたときは、ボールインプレイである。 2.32 FOUL BALL (d)ファウル地域内またはその上方空間で、審判員またはプレーヤーの身体、あるいは地面以外のものに触れたもの。 —————————————————————- 野手のグラブや帽子等がフェアボールに触れた場合、打者走者を含む全ての走者に3つの安全進塁権が与えられるのは、それを野手が故意にやったと審判が判断した場合のみです。設問では突風のために帽子が飛んでフェアの打球に当たったので、この7.05(b)の規定の適用外となります。 それでは、偶然に地面以外の異物に打球が触れたときはどう判定したら良いのでしょうか?フェア地域とファウル地域とで運用が異なるので注意が必要です。(一塁と三塁を通過する前の打球の話です) ファウル地域で地面以外のものに触れた場合は、その時点でファウルです。簡単です。 ところが、フェア地域で地面以外のものに触れても「インプレイ」です。インプレイなのでこの時点でフェアもファウルも決まっていません。通常の打球同様に、野手が触れた時点か動きが止まった時点で初めて確定します。 設問の場合は打球が風に飛ばされた帽子に触れたのはフェア地域だったものの、投手が拾ったのはファウル地域だったのでその打球はファウルとなり、走者は戻り打者は打ち直しとなります。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会