【第26回ルールクイズ(エキスパート)】ボーク宣告後の投球を打ったら?

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

UDCルールクイズをご覧の皆さん、こんにちわ♪  ボークの反則の宣告の仕方は皆さんどうされていますか? 米国では「That’s a balk!(ザッツ・ア・ボーク)」とボークが起きた瞬間に投手を右手で指差します(そのまま投球してきた時は球審は声のみで宣告)。大事なのはその後です。投手がそのまま投球して打者が打つ場合がある時は、宣告後“ハンズ・オン・ニー(膝の上に手を置く通常の審判の構え)”に戻ります。  ボーク宣告直後の投球を打った場合は、結果により対処が違います。全走者と打者走者が1つずつ進塁しない限りボークが適用されるので、現場でよく確認して下さい。  それでは、ボーク宣告後の投球を打った場合のクイズ。今週はエキスパート(上級者向け)です。 ■ クイズ26 ■ (エキスパート編)  1アウト走者1・3塁です。カウント1ストライク1ボールから投手は投球前に完全静止せず球審は「ボーク」を宣告しました。投手はそのまま投球し打者はライト前ヒットで2塁をうかがおうとしています。3塁走者はスコア。1塁走者はライトからの返球で3塁でアウトを宣告されました。打者走者は1塁に留まっています。  さて、正しいルールを適用されている選択肢は次のうちどれでしょうか? ?インプレーとして成立する。得点1、2アウト走者1塁で再開する。 ?1塁走者が3塁で「アウト」を宣告されるタイミングでボールデッドとし、投手にボークを宣告。3塁走者は本塁、1塁走者に2塁を与え、打者は打ち直し。得点1、1アウト走者2塁、カウント1-1から再開する。 ?「ボーク」宣告後、即ボールデッドとする(ヒットで走者が進塁するのを審判全員でタイムを宣告し、試合を止める)。3塁走者はスコア。1塁走者に2塁を与える。1アウト走者2塁、カウント1ストライクー1ボールから再開する。  ボーク宣告後に打者が打つまでは先週と同じですが、今度はヒットで各走者が進塁しようとするケースです。今まで起こったケースを思い起こして考えましょう。 ●○ 先週の回答(ミドル編) ○● 正解は・・・ ?1塁走者が「アウト」を宣告されるタイミングでボールデッドとし、投手にボークを宣告。1塁走者に2塁を与え、打者は打ち直し。0アウト走者2塁、カウント1-1から再開する。でした。 【解説】  ボークの罰則ですが、「投球当時いた塁から1つ進める」のが基本です。  守備側の反則なので、攻撃側が打った際には有利になるようにルールもできています。ですので、次の塁に達するまでにアウトになる場合は、打撃行為を取り消してボークの罰則を優先させます。  ここで審判として知って欲しいのは、“次の塁に進む可能性が消えた場合、タイムを宣告する”ことです。走者にアウトは宣告しません。クイズでは、1塁走者が2塁でアウトになった瞬間です。その意味で?の選択肢にある“全てのプレーが終了した後、タイムを・・・”というのは間違っています。そして、再度投手にボークを宣告し、走者を1つ進めます。そして打者は打席に戻り再度打者席に戻るよう審判は指示します。 クイズのケースでの審判の仕事を整理すると・・・ ?ボーク発生時に「That’s a balk!」を右ででポイントし宣告する。 ?セカンドからの送球をショートが完全捕球したと判断したら「タイム」を宣告。  ※1塁走者にアウトは宣告しません。 ?再度投手に「ボーク」を宣告し、1塁走者に2塁を与える。 ?打者は打ち直しのため、打者席に戻るよう指示する。  ※英語では「Batter, Back to bat」と現場では言っています。 ?球審はカウントを1-1のままだと両手で示しプレーを再開する。 となります。 ※規則8.05(m)、ペナルティ参照。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会