【第69回】 故意落球+インフィールド・フライ(エキスパート)

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

■ クイズ69(エキスパート) 故意落球&インフィールドフライ ■  1アウト走者満塁です。打者はショート上空に内野フライを上げ、審判員も「インフィールド・フライ!」を宣告しています。  ショートも捕球体勢に入っています。が、打球にノーバウンドで触れたショートはわざと落としました。すぐにボールを拾い上げ、2塁⇒1塁に転送しました。2塁・1塁走者はほぼ各ベースの傍にいたため、ダブルプレーが悠々成立するタイミングでした。3塁走者は1塁に送球が届くタイミングよりも早く本塁に到達していました。  上記状況において正しい処置を示した選択肢はどれでしょうか? 1:故意落球が成立する。ショートが打球を落とした瞬間に「タイム」を審判員は宣告する。打者のみアウトとなり、2アウト走者満塁で再開する。 2:インフィールド・フライが成立する。よってインプレーとなり、打者のみアウトとなる。  塁を離れている各走者をアウトにするには、ボールを持った野手が走者にタッグする必要がある。3塁走者の本塁到達は得点として認められない。 3:インフィールド・フライが成立する。よってインプレーとなり、打者のみアウトとなる。  塁を離れている各走者をアウトにするには、それぞれの塁で野手がボールを持つ事で成立する(フォースプレーが成立する)。よって2塁でのアウトで3アウトとなる。 4:インフィールド・フライが成立する。よってインプレーとなり、打者のみアウトとなる。  塁を離れている各走者をアウトにするには、ボールを持った野手が走者にタッグする必要がある。3塁走者の本塁到達は得点となる。  突然ですが、タイムプレーも混ぜさせて頂きました。冷静に考えればすぐ分かると思います。  先日、あるサイト内でこのクイズのご批判を受けました。 ありがとうございます!話題にして頂いているだけでも光栄です! 正しいルール&マナーの理解で日本の野球の質がより高まれば・・・という大きなゴールがUDCにはあるので、ご批判・ご賞賛含め、今後ともどんどんご意見下さい。 ○● 前回クイズの回答 (故意落球 実戦編)●○  正解は・・・ 4:サードが打球をわざと落としたタイミングで即タイムをかける。プレーを選手が続行しようとしても、4人の審判がタイムをかけ続け、プレーを止める。その後1塁走者を1塁に戻す。打者はアウトとなる。 でした。 【 解説 】  審判サイドでの故意落球時のメカニックを整理しておきましょう。 1:故意落球を認めた時点(野手が故意に落球をしたと審判が判断した時点)でタイムをかける(球審・塁審不問) 2:打者をアウトにする(走者をアウトにしないで下さいね)。 3:走者が勘違いしてベンチに帰らないように、しっかり占有していた塁に戻す。 となります。  故意落球を判定するコツは、“ 通常の捕球体勢で、打球を落としたか否か”である程度判定できます。野手がダイビングした態勢で故意落球を宣告するのは、非常に難しい&説得力に欠けます。野手の捕球態勢を1つの判断材料にして下さい。  もちろん、“野手がわざと落球してダブルプレーを取ろうとしたか”は大前提となります。ご注意下さい。  YoutubeにMLBでの事例がありました。下記をご覧下さい。 http://www.youtube.com/watch?v=-7HlWfsHEuM ※規則6.05(l)参照 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会