【第74回】 アンパイアは1試合何人必要?(番外編)

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

[img align=left]http://www.umpire-dc.org/uploads/imgc9873de624f33dc44418d.jpg[/img]  野球が米国で始まって以来、常にゲームをアンパイアが取り仕切ってきましたが、そもそもルールブックには「アンパイアは最低ゲームで何人必要である」と記載されているでしょうか? ※写真は米国マイナーリーグ(3A)の3人制クルーです。 1:1人以上の審判が必要である 2:2人以上が望ましい、とされている。 3:4人の審判を常に置くのがリーグ会長の役割である。 4:ルールブックには、ゲームに審判を配置する旨の記述はない。 さて、いかがでしょうか? ちなみに米国では4人の審判を配置するゲームはメジャーリーグと各リーグの優勝戦(チャンピオンシップ)位です。アマチュアでも圧倒的に2人制が主流で、体重100kg以上のアンパイアが走り回る光景も珍しくはありません。 ○● 前回の回答(ボークに関する2問) ●● ■1問目  正解は… 「ボーク」である。 でした。 【解説】  右投手の1塁牽制時、軸足を3塁側に”外した”事は、ルールでは、投手板を外した事には当たりません。  よって、牽制球を投げなければボークです。 ■2問目  正解は… 「ボーク」である。 でした。 【解説】  右投手の1、3塁での牽制の左投手版です。 左投手は、最初に1塁に偽投し、それ自体がボークです。その後軸足の左足が一旦地面から離れ…という動作がいくら正しくても、関係ありません。 ■よって、前回クイズの正解は… 4:1,2問共に、「ボーク」である でした。 ※野球規則8.05(b)参照。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会