【第81回】 走者がベースコーチに触れたら (ビギナー)

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

内川氏もスタッフブログで書いておられますが、私も先日の日曜日はUDCで審判をさせてもらっている試合に査定に行ってきました。試合後にはUDCのノートを利用してフィードバックをしております。そこで私の目の前で起きたプレイです。 今回はビギナーレベルの問題です。 ■ クイズ80(ビギナー) ■ 二死、走者1・2塁。打者はライトオーバーの大きな場外ホームランを打ちました。 2塁走者は本塁に触れた後、1塁走者がまだ本塁に触れる前に3塁ベースコーチが打者走者のお尻を叩きました。守備側の監督が、「コーチが打者走者に触れたのでアウトである」と抗議に来ました。 さて、このプレイはアンパイアとしてどう判定すべきでしょうか? 1:ベースコーチが触れた打者走者はアウト。第三アウトであるので攻撃側の得点はゼロである。 2:ベースコーチが触れた打者走者はアウト。タイムプレイとなり、2塁走者のみ得点を認める。 3:プレイは成立し、3点が攻撃側に入る。 考えてみてください。 ○● 前回の回答(BALK?or NO BALK?)●○ 正解は・・・ 2:ボークでない。 でした。 【解説】 日本においてはこのプレイはボークとして運用されていることは重々承知しております。以下の規定が根拠になります。 ————————————————————————————– 公認野球規則8.05(h) 投手が不必要に試合を遅延させた場合。 【原注】本項は、8.02(c)により警告が発せられたときは、適用されない。投手が遅延行為をくり返して8.02(c)により試合から除かれた場合には、あわせて本項のボークも課せられる。8.04は、塁に走者がいないときだけ適用される。 ————————————————————————————– しかし、米国では ————————————————————————————– PBUC MANUAL 8.5 SPECIAL BALK REGULATIONS a) The pitcher shall be charged with a balk if he attempts a pick-off at first base and throws to the first baseman who is either in front of or behind first base and obviously not making an attempt at retiring the runner. However, there is no violation if the pitcher attempts a pick-off at second or third and throws to an infielder who is in front of or behind either of those bases (i.e.,this violation is only in reference to pick-offs at first base). 拙訳 もし投手が明らかに一塁走者をアウトにしようという目的でなく、一塁ベースよりも前、或いは後方に位置している一塁手に送球した場合はボークを課される。しかし、二塁または三塁での同様のプレイには罰則はない。(つまり、この違反は一塁への牽制球のときのみ問題となる) ————————————————————————————– 上記のように日本とは異なる運用が為されています。投手板上から偽投のできる塁と出来ない塁で違法適法を分けているということです。 米国人の審判に日本での運用を話すと、たいてい「遅延行為としてボークを課するのは一理あるけど、だったら捕手からのディフェンシブサインの交換や、外しただけで牽制球を実際に投げないことの方にもボークを宣告しなくてはならないんじゃないの?」と言われます。私はそれ以上の反論はできませんでした。 どちらの国の理屈も一理ありますが、Baseballはやはり米国で生まれた競技ですし、以前書いた通りに野球の国際化≒米国化です。ルールの国際統一が為されるべきだと私、濱野は考えます。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会