【第95回】投球当時とは(エキスパート)

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんにちは。ルールクイズ担当の濱野です。 月曜日の更新をお約束したのに遅くなり申し訳ありませんでした。 「ニュース」欄でもお知らせしたとおり、コメント欄を削除させて頂きました。皆様の声を直接聞けるのは良かったのですが、スパム行為と思われる迷惑書き込みも多く管理のための処置です。クイズに関する質問は、質問箱に投稿していただければ、私が責任をもってお答えいたします。良い質問については、共有しながら皆さんと一緒に勉強していきましょう。今後ともよろしくお願いいたします。 ■ クイズ95(エキスパート)■ 今回の設定はクイズを成立させるため、実際上ほぼあり得ないケースを取り上げますが、皆様にルールをご理解いただくためです。ご容赦願います。 走者一塁。投手がセットポジションに入った瞬間、一塁走者が二塁にスタートを切りました。しかし投手は気付かなったようで、両手を身体の前で静止しているうちに一塁走者は二塁に到達してしまいました。ここでようやく投手は打者に投球すべくとてもゆっくり、自由な足を上げて投球動作を開始しました。これを見た既に二塁に到達した一塁走者は、今度は三塁にスタートを切りました。しかし投手はお構いなしで、投球する腕をゆっくりと大きく後ろに引き、おもむろに投球しました。あまりに大きく、ゆっくりした投球フォームだったので、投球が投手の手から離れた瞬間には元々一塁にいた走者は三塁に達していました。その投球がホームプレートの前でバウンドし、捕手は止められずにダグアウトに入ってしまいました。 さて、審判はもともと一塁にいた走者にどこの塁を指示すべきでしょうか? 1.二塁である。 2.三塁である。 3.本塁である。 4.一塁に留め置かれる。 理由とともに考えてみて下さい。 「投球当時」とは厳密にはいつのことを指すのか、が今回のポイントです。 ○● 前回の回答(今度は観客席だ…)●○ 正解は・・・ 2:打者はフライアウト。三塁手が観客席に入った時点でボールデッドとし、走者をそれぞれ一つ進塁させる。3塁走者得点で、二死3塁で再開。 でした。 【解説】 ————————————————————————————– 公認野球規則 6.05  打者は、次の場合、アウトになる。 (a)フェア飛球またはファウル飛球(ファウルチップを除く)、野手に正規に捕えられた場合。 【原注】野手は捕球するためにダッグアウトの中に手を差し伸べることはできるが、足を踏み込むことはできない。野手がボールを確捕すれば、それは正規の捕球となる。ダッグアウトまたはボールデッドの個所(たとえばスタンド)に近づいてファウル飛球を捕らえるためには、野手はグラウンド(ダッグアウトの縁を含む)上または上方に片足または両足を置いておかなければならず、またいずれの足もダッグアウトの中またはボールデッドの個所の中に置いてはならない。正規の捕球の後、野手がダッグアウトまたはボールデッドの個所に倒れ込まない限り、ボールインプレイである。走者については7・04(c)〔原注〕参照。 7.04  次の場合、打者を除く各走者は、アウトにされるおそれなく一個の塁が与えられる。 (C)野手が飛球を捕えた後、ベンチまたはスタンドに倒れ込んだり、ロープを越えて観衆内(観衆が競技場内まで入っているとき)に倒れ込んだ場合。 【原注】野手が正規の捕球をした後、スタンド、観衆、ダッグアウト、またはその他ボールデッドの個所に倒れ込んだり、あるいは捕球した後ダッグアウトの中で倒れた場合、ボールデッドとなり、各走者は野手が倒れ込んだときの占有塁から一個の進塁が許される。 ————————————————————————————– 該当する公認野球規則は前回同様、6.05(a)と7.04(c)です。 この設問についてはこの規定を字面通りに読んで頂ければ大丈夫です。 過去三回の、野手が捕球後にボールをボールデッド地域に持ち込んでしまったケースを場合ごとに整理すると、 1.持ち込んだ先がベンチorダグアウトで、その野手が倒れこまなかった場合 →ボールインプレイで、プレイの必要があれば中から送球できる。 2.持ち込んだ先がベンチorダグアウト以外(例:観客席)でその野手が倒れこまなかった場合 →ボールデッドとし、走者に塁を一つ与える。(アメリカプロの解釈)日本では、今年の公認野球規則を読む限り、ボールインプレイという解釈しかできないと思いますが、球場によってはそのまま適用すると危険な場合もあるでしょう。それぞれの実情に合ったグラウンドルールを作成して実施してください。 3.持ち込んだ先に関わらず、その野手が倒れ込んでしまった場合 →ボールデッドとし、走者に塁を一つ与える。 以上です。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会