【144回】スリーフィートレーン(Milb宿題4)

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんにちは。濱野です。 主に非会員の方に向けた告知となりますが、UDC制作のDVD「審判バイブル」がクレジットカードでも購入できるようになりました。今までよりも購入への心理的負担が減ったと思います。百聞は一見に如かずですのでこれを機会にまだの方は是非お求めください。 ■クイズ144■ 引き続きマイナーリーグ宿題です。 一死走者一塁。バッターは当たり損ねのボテボテのゴロを転がした。打者走者の両足は完全にスリーフィートレーンの中にあった状態で走っていたが、捕手からの送球がフェア地域の上空にあった打者走者の左手にあった走者の手に当たり一塁走者も打者走者もそれぞれ塁に達した。 1.ボールデッドにはならず、インプレイである。 2.打者走者がインターフェアでアウトを宣告される。 3.一塁走者がチームメイトの妨害でアウトになる。 4.両方の走者がアウトになる。 考えてみて下さい。 ○● 前回の回答(マイナーリーグの宿題(その2))●○ 正解は 1.これはインフィールドフライが宣告されるべき状況ではない。ダブルプレイが成立する。 でした。 ≪解説≫ ——————————————————————————– 公認野球規則 2.40 INFIELD FLY「インフィールドフライ」 無死または一死で、走者が1・2塁、1・2・3塁にあるとき、打者が打った飛球(ライナーおよびバントを企てて飛球となったものを除く)で、内野手が普通の守備行為をすれば、捕球できるものをいう。この場合、投手、捕手および外野手が内野で前記の飛球に対して守備したときは、内野手と同様に扱う。 6.05 打者は、次の場合、アウトとなる。 (l)無死または一死で、走者1塁、1・2塁、1・3塁、1・2・3塁のとき、内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とした場合。 ボールデッドとなって、走者の進塁は認められない。 【付記】内野手が打球に触れないでこれを地上に落としたときには、打者はアウトにならない。ただし、インフィールドフライの規則が適用された場合は、この限りではない。 ——————————————————————————– 攻撃側にとっては気の毒ですが、インプレイでしか進められません。打者が打ったのは「ピッチャー返しのライナー」なのでインフィールドフライのルールは適用できません。しかも、打球の落下点に入った三塁手は「故意」でなく「不意に」打球を落としてしまったので「故意落球」のルールも適用できません。インプレイで、ダブルプレイ成立となります。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会 -PR-UDC制作のDVDがクレジットカードでもお買い求め頂けるようになりました!こちら -PR-