【146回】投手への返球が打者に当たる(Milb宿題6)

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんにちは。濱野です。 昨日、二人制のデモンストレーションにお越しいただいた会員の皆様有難うございました。 私もきちんとした二人制で試合をする機会はなかなかなく、久しぶりで皆様に恥ずかしくないものを見せられるかどうか少し緊張しましたが、大失敗をすることなく終えられてホッとしています。今後もこのような機会を作っていきますので引き続き宜しくお願いいたします。 ■クイズ145■ 引き続きマイナーリーグ宿題です。 走者二塁。初球のを打者は見送り、高めに外れた。その後、打席内に普通に立っていた。走者も進塁の気配は見せていなかった。捕手は座ったまま投手に返球しようとしたが手が滑ったのか、球は打者のヘルメットに当たり跳ねて一塁線方向に転がった。二塁走者はこれを見て三塁に達した。 1.守備妨害で打者アウト。走者は二塁に戻される。 2.守備妨害とはしないが、タイムが宣告され走者は二塁に戻し、打者のボールカウント1-0で試合再開。 3.審判は全てのプレイが一段落するまでタイムを宣告してはならない。走者が三塁でセーフになればタイムを宣告して二塁に戻す。二塁走者が三塁でアウトになればプレイは成立し、カウント1-0で再開する。 4.何の規則違反もないのでボールインプレイで試合は進む。 考えてみて下さい。 プロレベルではあまり起こらないと思うようなプレイですね。これも学童ならありそうです。 ○● 前回の回答(スリーフィートレーン(その2))●○ 正解は 3.球審は捕手を除く全ての守備側選手ががフェア地域に戻るまでボールインプレイにすべきでなかった。守備側は二回目のアピールが許される。 でした。 ≪解説≫ ——————————————————————————– 公認野球規則 4.03 試合開始のとき、または試合中ボールインプレイとなるときは、捕手を除くすべての野手はフェア地域にいなければならない。 -前略- (c)投手と捕手を除く各野手は、フェア地域ならば、どこに位置してもさしつかえない。 【注】投手が打者に投球する前に、捕手以外の野手がファウル地域に位置をしめることは、本条で禁止されているが、これに違反した場合のペナルティはない。  審判員がこのような事態を発見した場合には、速やかに警告してフェア地域に戻らせた上、競技を続行しなければならないが、もし警告の余裕がなく、そのままプレイが行われた場合でも、この反則行為があったからといってすべての行為を無効としないで、その反則行為によって守備側が利益を得たとみとめられるときだけ、そのプレイは無効とする。 PBUC MANUAL 3.16 FIRST BASEMAN PLAYING IN FOUL TERRITORY Do not insist on the first baseman playing with both feet in fair territory unless the offensive team protests. If they do, you must enforce the rule as written, but make sure it is enforced for both teams. (走者が一塁にいるときに)攻撃側チームが要求しない限り、一塁手に両足をフェア地域に入れることを要求しないこと。もし攻撃側チームの要求があったら、審判はルールブックの条項に書かれている通りに施行する必要があるが、両方のチームに等しく ——————————————————————————– 球審はプレイの宣告をするためには捕手を除く全ての野手がフェア地域にいることを確認する必要があります。 日本語版ルールブック【注】とPBUCマニュアルに書いてあることに少し差異があります。【注】に書いてあることの概念は日米とも同じですが、アメリカの場合その対象は(走者が一塁にいるときの)一塁手のみに限定されています。 一塁手が投手からの牽制球を受ける準備をして一塁キャンバスを跨ぐようにして立つと、当然片足はファウル地域に置かれることになります。アメリカのマニュアルはこの場合に限って「大目に見なさい」と書いてあります。その他の野手はルールブックの通りの運用が求められます。 二塁手がフェア地域の外にいるのにプレイの宣告をしてはなりませんでした。だからといって守備側に「ボーク」「アピール権の消失」といったようなペナルティは無く、単にプレイを無効にするだけです。つまり無かったことにするので、もう一度正しくプレイの宣告が行われれば、守備側は再びアピールを行うことができます。 ※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。 ★UDC野球ルールクイズ委員会 -PR-UDC制作のDVDがクレジットカードでもお買い求め頂けるようになりました!こちら -PR-