【159回】ファウル飛球の追い越し

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんにちは。 更新が遅れ気味となり申し訳ありません。 27日、日曜日は内川、井上とポニーリーグの審判講習会に呼んでいただきました。 昨年は雨のため、座学だけになってしまったので、今年は千葉市の立派な室内練習場での開催です。球審、塁審ともに基本のおさらいが中心のメニューでした。我々の講習を役立てて、皆様にぜひとも良いシーズンを送っていただければ良いなと思います。 有難うございました。 ■クイズ159(エキスパート)■ 今回は会員さんの中学生の息子さんから寄せられた質問です。あまりに良い質問で私は即答できず、エバンス校長に答えを確認せざるを得ませんでした。 一死走者二塁三塁。打者は一塁線の外野深くにフライを打ち上げました。右翼手は懸命に追いかけました。三塁走者はタッグアップに備えて塁に着こうと戻りましたが、二塁走者は二死と勘違いして打球を見ながら走りだし、三塁を回ったところで先行の走者を追い越してしまいました。しかし、右翼手が打球に追いつけなかった打球は、ファウル地域に落ちました。(追い越しが発生したのはボールが空中にある間でした)この場合、 1.追い越しが発生した時点で、二塁走者はアウトである。 2.打球がファウルになったので、誰もアウトにならない。 3.追い越しが発生した時点で、追い越された三塁走者がアウトである。 考えてみてください。中学生の質問です。 ○● 前回の回答(投手のペナルティはボークだけ?)●○ 正解は 3.球審の、打者の捕手に対する守備妨害の判定。 でした。 ≪解説≫ ——————————————————————– 公認野球規則 9.02(a)【原注】ボール、ストライクの判定について異議を唱えるためにプレーヤーが守備位置または塁を離れたり、監督またはコーチがベンチまたはコーチスボックスを離れることは許されない。もし、宣告に異議を唱えるために本塁に向かってスタートすれば、警告が発せられる。警告にもかかわらず本塁に近づけば、試合から除かれる。 (c)【原注2】(-前略-)監督が、ハーフスイングに異議を唱えるためにダッグアウトから出て一塁または三塁に向かってスタートすれば警告が発せられる。警告にもかかわらず一塁または三塁に近づけば試合から除かれる。監督はハーフスイングに関して異議を唱えたつもりでもボール、ストライクの宣告について異議を唱えるためにダッグアウトを離れたことになるからである。 MLB UMPIRE MANUAL 7.5 BALK REGULATIONS (d) Official Baseball Rule 8.05(c) requires the pitcher, while touching the pitcher’s plate, to step directly toward a base before throwing to that base. If a pitcher turns or spins off of his free foot without actually stepping, or if he turns his body and throws before stepping, it is a balk. See Section 7.6 (Stepping to a Base). NOTE:The pitcher is required to step directly toward a base when feinting a throw to a base. Umpires should indicate balks called under Official Baseball Rule 8.05(c)(no step) by slapping the side of their leg after calling the balk. This indicates the balk is for failure to step directly toward a base. (e) A manager, coach, or player may not come onto the field or leave his position to protest the call of a balk as defined in Official Baseball Rule 8.05(c)(failure to step directly towards a base before throwing there). If such protest is made, the manager, coach, or player shall be ejected from the game. ≪拙訳≫ (d)公認野球規則8.05(c)は投手が投手板に触れていて塁に送球する際に、投げる前にその塁の方向にまっすぐステップすることを要求している。投手が実際にステップしないで、体を回したり、自由な足をその場で回した場合、それはボークである。 注意:(投手板上の)投手は塁に偽投するときにも、その塁に向かってまっすぐ踏み出すことを要求されている。 審判員は、自分の脚を叩くことによって野球規則8.05(c)(ステップをしなかった)でボークを宣告したことを周囲に明示しなければならない。 (e) 監督、コーチ、選手は野球規則8.05(c)(塁に投げる前にその方向にまっすぐステップしなかった)でボークが宣告された場合、抗議のためにフィールドに上がってきたり、自分の居場所を離れてはならない。そのような抗議がなされたら、監督、コーチ、あるいは選手は退場となる。 ——————————————————————– 投球判定について監督が抗議のために位置を離れてはいけないのは既にご存知のことと思います。ハーフスイングについての抗議も結局、ストライクかボールか否かについての抗議をしていることになるので、やはり監督は位置を離れてはいけません。 MLBでも存在感のあるアンパイアの一人、ジョー・ウェスト氏がCWH時代のオジー・ギーエン監督を退場にした場面です。(この後、この投手は同様の牽制で再びボークを宣告され、その宣告を不満として地面にグラブを叩きつけてやはりウェスト氏によって退場となります) 投手のステップによるボークについて審判が特に守られている理由は、見る角度によって投手のステップが正しくも見えるし悪いようにも見えるからです。ダグアウトから見て正しくステップしているように見えても、塁にもっとも近いところから見ている塁審の方が角度が良いに決まっています。このような抗議で時間を浪費するのは時間の無駄という考えなのでしょう。 ★UDC野球ルールクイズ委員会