【166回】アウトの種類

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんばんは。濱野です。 息子を寝かしつけて一緒に眠ってしまい、目が覚めて真夜中に執筆しています。 前々回紹介したように、明朝(日付が変わったので今日ですが)IBAFの会議のために来日するフィンランド野球連盟のトニー・ジョーンズ会長を成田に迎えに行ってきます。一国の野球連盟の会長と言っても、私と同世代で、欧州での国際大会を裁いている現役のアンパイアで、スイス人のバイヤー氏、スコットランドのヘイウッド氏とともに私も呼んで頂いた、昨年スイスでのジム・エバンス・ヨーロピアンクラシックの成功に尽力した人物です。 フィンランドの野球事情について触れると、日本同様にアメリカから野球が導入されたのですが、それがフィンランド独自の発展をした、ペサパッロ(フィンランドベースボール)と呼ばれる競技が普及してしまい、そのことが逆に通常ルールの野球の普及にマイナスに働いてしまっています。 (ペサパッロがどんなものかは下記映像でどうぞ。会場も盛り上がっていて、これはこれで面白そうな競技に見えます) アメリカ人であるトニー(奥様がフィンランド人です)には歯痒い思いもあったのではと推察します。トニーは、フィンランド野球連盟をペサパッロ協会の傘下に入れることでベースボールの普及を図る道を選んだようです。そのような話も彼から聞いてみたいと思います。 私もIBAFの会議の中身にも興味がありますし、どういう議論が行なわれたかを彼から直接話を聞けるのがとても楽しみです。それにしても、ジム・エバンスを介してこんなふうに欧州でも人脈が広がったことが自分でも面白いなと思います。 ■クイズ166(ビギナー)■ 一死走者一塁。ヒットエンドランのサインが出ていたようです。右打者は綺麗に流し打ったが、二塁手が素晴らしいダイビングキャッチでライナーを捕り、一塁に送球しました。野球の常識的に、どの方も審判として一塁走者はアウトを宣告すると思いますが、このアウトはなんのアウトでしょうか? 1.フォースアウト 2.アピールアウト 3.タッグアウト 考えてみて下さい。 ○● 前回の回答(捕球の定義について)●○ 正解は 要するに、野手がボールを手にした後、ボールを確実につかみ、かつ意識してボールを手放したことが明らかであれば、これを落とした場合でも“捕球”と判定される。 でした。 ≪解説≫ エバンス校長は日本語のルールブックを読めないので、実際は下記の英文の文章を問題視しているわけです。 ——————————————————————– In establishing the validity of the catch, the fielder shall hold the ball long enough to prove that he has complete control of the ball and that his release of the ball is voluntary and intentional. <拙訳> 捕球が効力を確立するには、野手はボールを完全にコントロールしていると証明するために十分に長くボールを保持しなければならず、 かつそのボールのリリースが、自発的で意図的でなければならない。 —————————————————————— ジムは、私が赤太字にした接続詞「and」(日本語の条文では「かつ」)が「or」(日本語では「あるいは」)でなくてはならないと力説しており、また実際の試合でもそのように運用されています。 どういうことかを例示すると、攻撃側が既に2アウトで打者が外野に凡フライを打ち上げました。外野手はボールをいとも簡単にグラブの中に入れました。そして、そのまま投手板周辺までボールを持って行こうとしてボールをグラブに入れたまま走り出しました。しかし、内野のダイヤモンドに入った辺りでボールが不意にグラブからこぼれ落ちました。 上記のような場合、これを条文の字面通り「かつ」と解釈してしまうと、外野手は意識してボールを手放していないので、捕球は認められないことになってしまいます。審判は外野手がボールを手放すまでフライアウトを宣告することはできません。 しかし実際の試合では、外野手が内野まで戻って来る頃には走者も攻守交代のために自チームのダグアウトに帰っているはずですし、審判もとっくにアウトを認めているでしょう。ですから、ジムはこの「かつ」が「または」でないとおかしいと力説しているのです。 いつも書いていることですが、翻訳と監修にあたった日本の規則委員会の先生方の苦労はお察しします。ジムの言うように、この「and」は私もおかしいとは思いますが、しかし、上記の英文の方がやはり「捕球」の概念を過不足なく表現していると思います。野球の審判を極めようと思うならば、私は原文に当たる必要はあると思います というわけで、まだ2013 Official Baseball Rules 及び MLB Umpire Manualの在庫がございます。一人でも多くの方に英語から逃げずにより深いルールの理解を目指して頂きたいと思います。 ★UDC野球ルールクイズ委員会 -PR- 春から新たに野球審判を始める方、ぜひ見て下さい!オンラインショップでも 扱っています。-PR-