【179回】接触はないです。

ルール改正により、ルール・クイズ記事投稿時とはルールが変更されている場合がございます。
最新のルールをご確認のうえ、お読みいただきますようお願い申し上げます。

こんばんは。濱野です。

先日、学童野球の審判をする機会がありました。子どもだから当たり前なのですが、指導者が選手に与える影響は本当に小さくないと思いました。(子供だけでなく、監督の人間性がチームに反映するというのは大人でもその傾向はあるとは思いますが)

具体的に気になったのは、今年阪神タイガースが始めたパフォーマンスです。人気球団ですし、子どもはすぐに真似をします。私が審判を手伝った大会では、監督が一切そのようなことをさせていないチームもあれば、監督も一緒になって加わっているチームもありました。

特に若年層に対しての場合、指導者は技術だけを教えれば良いというものではないと思います。 タイガースのパフォーマンスは賛否両論であるということは、大人ならば分かっていることでしょう。やられて嫌がる人は確実にいるのです。

(日本でもこのような行為に対し賛否の「否」の声があがるようになってきたということは、野球を見る層が成熟してきたということだと思います。)

「己の欲せざる所は人に施すこと勿れ」が人としての基本だと思うのですが、如何でしょうか?

クイズ179(エキスパート)

今回も質問箱からです。

走者1塁のケースです。打者が右中間に長打を放ちました。
それをみた1塁走者は3塁へ向かいました。その際、ボールを処理していない3塁手が明らかに塁線上で絵にかいたような通せんぼをしており、1塁走者が3塁手をよけようとしましたが、3塁手はそれに合わせて左右に動いていました。
やむを得ず1塁走者は接触を避けるべく減速し、3塁手は1塁走者に接触する寸前でベースパスから離れ、1塁走者は3塁にとどまりました。

走者と野手の一切の接触は無かった訳ですが、さて、接触がない状況で走塁妨害は成立するでしょうか?考えてみて下さい。。

前回の回答(走塁放棄?フォースプレイ?タッグプレイ?)

正解は
三塁走者の得点を認め、攻守交代
でした。

7.08(e) 打者が走者となったために、進塁の義務が生じた走者が次の塁に触れる前に、野手がその走者またはその塁に触球した場合。(このアウトはフォースアウトである)

ただし、後位の走者がフォースプレイで先にアウトになれば、フオースの状態でなくなり、前位の走者には進塁の義務がなくなるから、身体に触球されなければアウトにはならない。

また、走者が塁に触れた後、余勢でオーバースライドまたはオーバーランした場合には、塁に触れた瞬間に進塁の義務を果たしたことになるから、その走者は身体に触球されなければアウトにはならない。(このアウトはフォースアウトではなく、タッグアウトである)

しかし、進塁の義務の生じた走者が次塁に触れた後、どのような理由にせよ、その塁を捨ててもとの塁の方へ離れた場合は、再びフォースの状態におかれるから、野手にその身体または進塁すべき塁に触球されれば、その走者はアウトとなる。(このアウトはフォースアウトである)

前回の出題は、少しルールブックを読み込んだ方の方が「あれ?」と思うのではないでしょうか。

上記7.08(e)の緑字にした部分だけが記憶の片隅に残っていた方はと、フォースの状態に戻ったからフォースアウトとなり、第三アウトがフォースアウトだから得点も認められないと考えてしまうのではないでしょうか?

しかし、赤字の部分が大原則です。設問では打者走者が一塁でアウトになったので一塁走者はもはや進塁の義務はなく、一塁走者のアウトはフォースアウトではありません。

また、ランダウンプレイが始まったことから一塁走者が進塁の意思を放棄したとまでは言えず、走塁放棄も成立しません。

つまり、通常のタッグアウトで第三アウト以前に三塁走者が本塁に触れているので得点も成立するということになります。

※各団体・連盟において上記と違う解釈をとる場合があります。ご確認下さい。

★UDC野球ルールクイズ委員会